日給の給与形態になっている仕事には、当日分をその日に支払う日払い形態と、日給をベースとして1か月分を支払う日給月給の支払い形態があります。

日払いと日給月給を把握して選ぶ

日払いと日給月給を把握して選ぶ

日払いと日給月給を把握して選ぶ 日給の給与形態になっている仕事には、当日分をその日に支払う日払い形態と、日給をベースとして1か月分を支払う日給月給の支払い形態があります。都度支払いを希望するのかまとめて支払って欲しいのかを把握したうえで求人案件を選んでください。支払い方法を見ておくと、どのような給料形態なのかを把握しやすくなります。

日給で表示している金額は基本給なので、1日の労働時間が8時間を超える場合は残業手当の支給対象となります。労働基準法で定められていますが、念のために契約する際には確認してからサインするのが理想的です。また、時間数に応じた休憩時間も労働基準法で指定しているため、待遇が法律に即しているのかを事前にチェックしてください。稀に就業規則に残業代を支給しないことを掲載していると言われることもありますが、実は就業規則よりも労働基準法の方が強い効力を持っているので、この点を理解したうえで日給制の仕事をしましょう。

契約書にサインをした場合、労使双方が同意をした証拠となるため、後から聞いていた話と違うと言っても交渉が難しくなります。快適に仕事をするには日給制でも条件の確認には手が抜けません。また、地域によって最低賃金の設定をしています。主に時給で表示することが多いのですが、日給に換算して妥当であるのかも計算しておくと、給与にも納得して働ける環境になります。

Copyright (C)2019日払いと日給月給を把握して選ぶ.All rights reserved.